2019年11月

交響曲

36+

太陽が沈んだ直後から天の川が見え始め、夕方特有の空の色と天の川の共演を撮影する事ができました。沈んでいった太陽と登ってくる星々が地球の大きな、また、宇宙の大きな流れを感じさせてくれます。水面に映る明るい星が沈んでいった太陽の名残のようでした。色々は存在が調和していて、まるで交響曲を聞いているような感覚になりました。

撮影場所:石垣市

投稿者:長島 裕

-2019年11月