まるでジブリの世界!?写真では納まらない宮城島の魅力

10+

沖縄本島は東海岸、うるま市。
ガイドブックにも載っていて、県内の方からもビーチパーティーや
ドライブコースとして親しまれている海中道路。
さらにその先に、車で行ける離島が4つあります。

宮城島のシヌグ堂からは海と伊計島を一望

それぞれ特色のある島々。
筆者がお世話になっている宮城島は、「高離島(たかはなりじま)」という別の呼び名があります。

理由は周りの他島より、標高の高さを誇るから。
だからこその景色が、ココにはあります。

シヌグ堂からの眺め
写真:シヌグ堂より

シヌグ堂からは海と伊計島がよく見渡せます。

まるでジブリの世界 百千万億の「カー」

高い標高以外に「カー」と呼ばれる豊富な湧き水が点在しています。
水道水が引かれる前は、生活用水として使われていたカーも。

ヤンガー
写真:ヤンガー

沖縄の桜の季節には見事なコラボレーションが臨めます。

ハルガー
写真:ハルガー

まるでジブリの世界に迷い込んだかのよう。
(自然豊かだから蚊もたくさん)

地元の方はハルガーを「億川(オクガー)」、ヤンガーを「万川(マンガー)」という別称で呼びます。

ちなみに。

写真にはありませんが、イキントーガーは「千川」(センガー)、
ジョーグチガーは「百川(ヒャクガー)」と呼ばれ、百千万億の別称カーが存在します。

ヤンガー以外は自力で行けないので、行きたい方は地元島人で構成されている
『宮城島郷土史研究会』にお問い合わせください。

☆宮城島郷土史研究会 facebook
https://www.facebook.com/pg/miyagijimakyoudosi/posts/

正に風光明媚「果報バンタ」!インスタでは味わえない美しさを…

そして!

果報バンタ

写真:果報バンタ

ぬちまーすの観光工場内にある「果報バンタ」は絶対にハズせないポイント。

風光明媚とは正にこのこと。
山もあって、湧き水(カー)も豊富。
なんと言っても人が元気!

うるま市内全域や、おすすめのドライブコースだったりは
うるま市観光物産協会のホームページをチェックしてみてくださいね!
http://uruma-ru.jp/driving/index.html

インスタ映えもいいですが。
写真だけでなく、気になったらゼヒご自分の目で確かめていただきたい!
写真では表しきれない美しい色がココにあります。

記者:地域おこし協力隊 宮城島担当 藤澤
2016年11月地域おこし協力隊着任。
任期終了となる2019年10月から、宮城島の古民家での定住と小商いの準備発動中。
★美ら島海道~平安座島・浜比嘉島・宮城島・伊計島★
Facebook
https://www.facebook.com/churashimakaidou
Instagram
https://www.instagram.com/churashimakaidou/

-