新年に泡盛を振る舞い酒としてご提供 – 年末の御挨拶【元琉球王族、尚家が語る沖縄への想い】

47+

皆さん、こんにちは。今年もあと残り僅かとなりました。振り返りますと、今年1年春からOKINAWA41でコラム記事を書かせて頂きまして、5月には新しく沖縄の琉球王国時代の歴史や文化を継承する為の社団法人を設立させて頂きました。

そして10月には首里城が炎上するという前代未聞の出来事が起こりましたが、多くの皆様方の御力が結集し、再建に向けて動き出している事に嬉しく思います。また、沖縄型中核人材育成事業から続く若手技術者の育成と、そこから波及した蒸留酒の垣根を越えた新しいプロジェクトの一環として、沖縄の酒造会社12社が協力し尚泡盛を開発して頂けた事も有り難く思います。

2020年1月1日から、日本酒造組合中央会により、迎賓館赤坂離宮の庭園無料一般公開に協賛する形で、日本酒、本格焼酎、泡盛を提供することになりました。沖縄からも酒造組合の協力により泡盛が振る舞い酒として提供して頂きます。詳細は下記になります。

迎賓館赤坂離宮では、天皇陛下の御即位に伴う慶祝行事として、
令和2年1月1日(水)から3日(金) まで、庭園(前庭及び主庭)の無料公開がされます。

本館正面には即位パレードで使用されたオープンカーが展示されています。また、前庭では鏡開きが実施されます。

事前予約なし(定員なし)でご参観いただくことができます。

開催日:令和2年1月1日(水)から3日(金) まで
公開時間 :10時~17時(16時30分まで受付)
参 観 料:【庭園(前庭及び主庭)】無料
参観方法 :【庭園(前庭及び主庭)】
西門からご入場ください。
振る舞い酒 前庭にて実施予定です。

各日11時に鏡開きを行い、振る舞い酒が実施されます。
※無くなり次第終了

注意事項
○国公賓等の接遇その他迎賓館の運営上の都合により中止となる場合があります。詳しくは迎賓館赤坂離宮のHPをご確認下さい。
皆様方にとりましては良い御年を振る舞い酒にてお迎え頂けたらと存じます。

筆者:尚 満喜(しょうまき)
1984年生まれ。
自由が丘 産能短期大学卒業
神職資格を取得し、現在は東海地方にて神職として神社に奉職しながら一般社団法人 琉球歴史文化継承振興会の副代表理事を務める。

-