フォトコンテスト 審査委員

審査員
ガレッジセール
(左:川田 右:ゴリ)
株式会社よしもとクリエイティブ・エージェンシー
プロフィール
沖縄県那覇市出身のゴリと川田によるお笑いコンビ。
よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属。1995年 渋谷公園通劇場にてデビュー。
「笑っていいとも!」「ワンナイR&R」など多数の人気番組にレギュラー出演し人気を博す。
2014年から沖縄を舞台として新喜劇「おきなわ新喜劇」をスタートさせるなど、テレビ、ラジオ、舞台と幅広い活動を展開中。
○美ら島沖縄大使(2009年~)
○那覇市観光大使(2013年~)
審査員
護得久 栄昇(護得久流民謡研究所会長)
有限会社FECオフィス・伝統芸能部門
プロフィール
沖縄のお笑い芸人No1を決めるテレビ番組に出演以来、沖縄で人気を呼びTV、県外ラジオ局のレギュラー、CMに10本以上出演するなど、沖縄での注目度 No1コントキャラ。
昨年10月にリリースしたアルバムがiTunes歌謡曲部門で1位を獲得。その勢いで2018年正月、沖縄で歴史ある2大民謡番組『新春民謡紅白歌合戦』、『新春島唄の祭典』に出演を果たした。

ビデオメッセージ


審査員
ティンク ティンク
株式会社アジマァ

プロフィール
沖縄を代表するアーティスト“りんけんバンド” 照屋林賢がプロデュースする女性ヴォーカル・グループ

りんけんバンドの拠点でもあるライブハウス「カラハーイ」にてレギュラーライブを
行いつつ、県内外のイベントや各メディアにも精力的に出演。子供からお年寄りまで幅広い層の支持を得ている。「ティンクティンク」の語源は沖縄の楽器三線(さんしん)の響きを表す際の擬声語。また赤ん坊をあやす時に口ずさむ言葉でもある。レパートリーはオリジナル曲から沖縄民謡まで。

譜久村 さやか(写真左から1番目)
沖縄県(北谷町)2018年デビュー。
琉球民謡伝統協会民謡コンクール(最高賞・教師免許・グランプリ)
琉球古典芸能コンクール舞踊 (優秀賞)
琉球古典芸能コンクール三線 (新人賞)   
☆幼少の頃から師範の祖母の指導のもと三線舞踊を始める。小中高と数々のコンクールで受賞。
☆2019ティンクティンク加入

波名城 夏妃(写真左から2番目)
宮古島市出身。2015年デビュー。
宮古民謡コンクール(最高賞)
☆2015ティンク ティンク加入
☆2016デビューシングル「なげーさやいびーたん」をリリース
☆2016からメイクマンCMソング歌唱(新TVバージョン)

屋嘉比 奈々(写真右から2番目)
南風原町出身。2016年デビュー。
☆子供舞踊集団「花わらび」に幼少から所属、沖縄の伝統芸能や文化
を学ぶ南風原高校郷土文化コースを2018年卒業
☆2016ティンク ティンク加入

我那覇せいら(写真右から1番目)
恩納村出身。2011年(ソロ・2014年)デビュー。
琉球古典芸能コンクール舞踊優秀部門(優秀賞)
☆2011ティンク ティンク加入
☆2015 国保納税キャンペーン・美ら島ゆいまーる寄附金イメージキャラクター
☆2016ソロアルバム「故郷」リリース

審査員
北島 清隆(審査委員長)
写真家 石垣島在住 (社)APA日本広告写真家協会正会員
プロフィール
石垣島在住30年 写真家 
沖縄の島々を巡りなら 海と空と島の彩りをテーマに 風景はもちろん水中写真から空撮まで様々な手法で撮影活動を続けている。作品は広告、雑誌、WEB、写真展などで発表している。
主な代表作にすべての沖縄の有人島で撮影した絶景写真集「秘密の沖縄スポットガイド」エクスナレッジ出版がある。

ウェブサイト:http://okinawa-island.photos
Facebook:Kiyotaka Kitajima Island Photography
instagram:kiyotaka_kitajima_photo
宮地 毅
内閣府政策統括官(沖縄政策担当)