沖縄で絶景の星空を眺められる8スポット

「沖縄」と聞くと、青い空や青い海などが思い浮かびますよね。
昼間に楽しむイメージの強い沖縄ですが、夜には美しい星空を眺めることができます。
そこで本記事では、沖縄で絶景の星空を眺められるスポットを紹介します。

茅打バンタ(国頭村)

 

茅打バンタは、沖縄本島北部にある人気の天体観測スポットです。
周辺集落には多少の灯りはあるものの、天の川がすぐにわかるほど美しい星空を見ることができます。
沖縄の方言で「崖」という意味を持つ「バンタ」の名前がついており、高さ約70mの崖が切り立っているため、訪れる際には注意しましょう。
那覇空港から車で約3時間、沖縄自動車道「許田IC」から車で約1時間20分の位置にあるため、行く予定の方は北部のホテルへの宿泊をおすすめします。
都市部から離れており観光客が少ないことから、静かな環境で星空をみたい方におすすめのスポットです。
星空も素敵ですが、昼の景色もなかなかのものですね。

※OKINAWA41のフォトコンテストに投稿された写真国頭村と星空の写真です。

 

知念岬公園(南城市)

 

知念岬公園は、沖縄本島南部にある絶景星空スポットです。
知念岬は太平洋が一望でき周囲の灯りがほぼないため、とても綺麗に星空を見ることができるでしょう。
那覇空港から車で約1時間とあまり離れていないため、カップルや家族連れに人気の絶景スポットです。
園内には遊歩道もあるため、心地よい海風に吹かれながら散策しても良いかもしれませんね。

 

石垣島天文台(石垣島)

石垣島天文台は、本格的に天体観測をしたい方におすすめのスポットです。
石垣島は街明かりが少ない上、偏西風の影響を受けづらいため、星空をクリアに見ることができます。
石垣島天文台には、九州と沖縄で最大の口径105cmの望遠鏡「むりかぶし望遠鏡」が備えられており、多くの星座を観測することができるでしょう。
週末夜間に天体観望会も開催されているので、お子様連れの方も楽しむことができます。
なお、入館料は無料ですが、事前予約が必要です。
石垣島天文台は空港から車で約50分、市街地から車で約20分の場所にあり訪れやすい場所となっています。
営業時間は、通常10時〜17時です。
https://ishigakijima-planetarium.jp/

石垣島の星空

 

西表石垣国立公園(西表島)

西表石垣国立公園は、2018年3月に国内初の「星空保護区」に認定された星空スポットです。
西表島は面積の約9割がジャングルで、人工的な灯りがほとんどないため、星空を見るにはぴったりの場所。
また、全部で88ある星座のうち、84星座を四季を通じて見ることができる点も大きな特徴でしょう。
星空ツアーも多く開催されているので、土地勘のない方や夜間の運転に不安のある方はそちらに参加するのがおすすめです。
なお、石垣島と西表島を行き来する船は夜に運行していないので、西表島のホテルに宿泊する必要があります。

 

波照間島星空観測タワー(波照間島)

波照間島星空観測タワーは、島の南東端にある星空スポットです。
3階建ての建物で、屋上には開閉式の天体ドームと望遠鏡を備えています。
最大の特徴は、本来南半球でしか見ることのできない「南十字星」を観測できる点。
12月〜6月の限られた期間ですが、日本で南十字星を観測できる数少ない場所となっています。
波照間島に行く手段が「石垣島からの船のみ」というアクセスの悪さはありますが、ぜひ一度訪れて欲しい星空スポットです。
なお、営業時間は、夏10時〜17時と20時〜22時、冬10時〜17時と19時〜21時となっています。
料金は大人1名400円、子供1名300円で、夜間の場合はどちらも+100円です。

波照間・星空観測タワー

それ以外にも絶景スポットはあります!残念ながら、星空の写真がありませんので、
お持ちの方はOKINAWA41フォトコンテストに是非ご応募ください!

辺野喜ダム(国頭村)

 

茅打バンタと同じ本島北部にある辺野喜ダムは、「満天の星空がみられるダム」というキャッチフレーズがついている星空観測の人気スポットです。
事前に申し込めば、満天の星空を眺めながらキャンプをすることもできます。
また、ヤンバルクイナやノグチゲラ、ヤンバルテナガコガネなどの天然記念物も生息しているので、運が良ければ出会えるかもしれません。
辺野喜ダムは、那覇空港から車で約3時間、沖縄自動車道「許田IC」から車で約1時間20分の位置にあります。

 

辺戸岬(国頭村)

 

辺戸岬は、沖縄本島最北端にある絶景スポットです。
周囲に若干の灯りはありますが、水平線近くまで満天の星を見ることができます。
本格的な天体写真を取りたい方は、辺戸岬の近くにある「ヤンバルクイナ展望台」に行くと良いでしょう。
高さ11,5mの展望台から、雄大な景勝地を望むことができます。
辺戸岬周辺は道が暗く細い所が多いので、運転には十分注意してください。
辺戸岬は、那覇空港から車で約3時間、沖縄自動車道「許田IC」から車で約1時間20分の位置にあります。

岬からの景色も人気で、海の中のサンゴ礁が透き通って見えるほどです。

 

古宇利島(今帰仁村)

 

離島でありながら、沖縄本島から車で行くことができる古宇利島も、綺麗な星空を見ることができるスポットの一つ。
島内は灯りが少ないため、幻想的な星空を見ることができるでしょう。
また、島内にあるオーシャンタワーは12月〜5月の限られた日にちに「星空タワー」として営業しており、様々なイベントを開催しています。
1名2,000円の入場料はかかりますが、イルミネーションもあるので訪れてみてはいかがでしょう。
那覇空港から車で約2時間、沖縄自動車道「許田IC」から車で約40分の位置にあるので、星空ドライブにもおすすめです。

 

【まとめ】沖縄では絶景の星空も楽しめる!

本記事では、沖縄の絶景星空スポットを8つ紹介しました。
沖縄は、青い空・青い海と昼に見所の多いイメージのある県ですが、夜になり都市部を離れると人工的な灯りが少ないため、綺麗な星空を見ることができます。
観光客にあまり知られていない絶景スポットもまだまだあり、タイミングが良ければ満天の星空を独り占めできるかもしれません。
一生の思い出を作りに、沖縄の星空を見に行ってみてはいかがでしょうか。