沖縄のお正月

沖縄の年末年始はどのように過ごしているのか?本州とは違うのか、現地の方達に聞いてみました!

 

年越しそばは、沖縄そば

沖縄で年越しそばといえば、やはり「沖縄そば」だそうです。
各家庭で違いますが、ソーキそばとは限らず色々なトッピングで食べられているそう。三枚肉・軟骨ソーキ・本ソーキ・中身(豚のホルモン)などがあるそうです。

歴史的にみると、沖縄で年越しそばを食べるようになったのは、本土復帰のころ。もともとは沖縄に年越しそばの風習はなく、本州から伝わったものだそうです。

 

沖縄のおせち料理は?

最近では、本州と同じようなおせち料理を楽しむ方もいるそうですが、もともと沖縄ではおせち料理の文化はないそう。

その代わり、年末になると「オードブル」がスーパーなどで販売されるそうです。その内容は、クーブイリチー(刻み昆布・豚肉・切干大根などの煮炒め)、ジューシー(沖縄の炊き込み御飯・豚肉で炊き込む)、ラフテー(豚の三枚肉を黒砂糖・泡盛で煮込んだ豚の角煮)などなど。

年始には、ナントゥというお餅のお菓子も食べるそうです。
「年頭」の沖縄方言から「ナントゥ」と呼ばれるようになったそう。味付けはさまざまで、味噌・黒糖・白糖・胡椒などで味付けされているものが売られています。

沖縄の特産品を販売する「わしたショップ」でも、沖縄のお正月料理が楽しめる商品が販売されています。

今年のお正月は沖縄気分を楽しみたい!という方は、ぜひ覗いてみてくださいね♪