75+

皆さん、はいたーい!🌺
OKINAWA41 大学生レポーターの金谷和希です。
今回初投稿なのですが、沖縄の魅力をこれから沢山紹介していきます!

今回は自然溢れる、南城市のNバスの楽しみ方と魅力を紹介します。

 

南城市は沖縄県南部に位置し、那覇空港から30分でアクセスできます。久高島や世界遺産である斎場御嶽、文化遺産など有名な観光地が沢山あります。市はハート型で、その地形をモチーフにした、ご当地キャラクター「なんじぃ」が大人気です!

ご当地キャラクター なんじぃ

 

皆さんはNバスをご存じですか?Nバスは、昨年できたばかりの南城市一周線です。路線はA・B・C路線があります。

A路線は南城市東に位置する、知念・佐敷一周線です。主なスポットとして斎場御嶽とあざまサンサンビーチへアクセスができます。A1は右回り、A2は左回りで運行しています。

B路線はニライカナイ橋・つきしろ線です。午前、午後でB2左回りとB1右回りで分かれているので、B2の午前に行ってB1の午後に帰ってくるということができます。行きと帰りで見える景色が違うので、いろいろな視点で景色を楽しむことができます。

C路線は南城市西に位置する、玉城・大里一周線です。主なスポットとしては、奥武島とおきなわワールド玉泉洞へアクセスができます。C1は右回り、C2は左回りです。

どの路線からも南城市の光輝く青い海を見ることができます。

 

 

分からないことがあれば、南城市役所のバス停横のインフォメーションセンターがあるので、親切にいつでも対応してくれます。また、TwitterやFacebook、公式ウェブサイトでの案内もしています。そこではNバスを利用した周遊モデルコースも紹介されていますよ♪

 

 

 

実際にNバスB2に乗って、ニライカナイ橋線のドライブを楽しんできました🌸ニライカナイ橋線は、赤色の3号車でした。外装は落ち着いた赤色で、グスクの城壁に見立てた、ハートのデザインがされています。ナンバープレートは14-29で、諸説ありますが、尚巴志が三山統一した年となっています。小さな発見でもワクワクしますね!

2019年10月に運行したばかりなので、新しくとてもきれいです。私が利用したNバスは、外装は赤色なので、内装も赤色です。このバスは、コンパクトで可愛らしい外装のため、親しみやすい感じがしました。

更にバス内のアナウンスは、一般的な音声ではなく、南城市の地域の人の音声や、子供たちの音声、また芸能人の方の音声を使用し、南城市らしい色を出しています。実は、なんじぃマーチもアナウンスの際、流れているんですよ!小学校前では、アナウンスのBGMがその学校の校歌になっています。心が弾む要素が詰まっていますね♪

 

降車ボタンのデザインもかわいいですね!デザインも車両と同じハートの城壁柄なんですね♪ボタンを押すと、なんじぃが出てきました!なんじぃの可愛さが溢れていますね!

 

6月1日から始まった、1日乗車券もありますよ!人気のなんじぃのロゴがついており、バスと同じ感じのカラフルな色合いで可愛いですね。
Nバスを利用した記念にもなります!乗車券を利用して、南城市の観光スポットを周わることができます。

 

実際にこのNバスを企画した、南城市役所の企画課、大田さんにお話を伺うことができました。南城市のバスが再編された理由は、小中高生、高齢者などの交通弱者でも市内外の目的地へ移動可能となるような交通機関を目指したことにあります。現在、Nバスができたことにより、南城市役所が中核地の役割をし、市内外へのアクセスが便利になりました。

 

 

Nバスのデザインは1号車緑色、2号車青色、3号車赤色、4号車紫色、5号車黒色、6号車黄色、7号車虹色となっており、降車ボタンも車両と同じ色にデザインされています。内装も車両ごとに異なるので、バスに乗るのが楽しくなりますね。また、車両ナンバーも南城市にちなんだ番号になっているようなので、是非探してみてください。

 

 

Nバスは、南城市民にとっても、観光客にとっても利用しやすく、人々の足になり様々な経験をさせてくれます。沖縄らしい色鮮やかな景色が広がる南城市は、心も体も癒してくれます。南城市は自然体でいられるスポットも多くあるので、Nバスを利用して、時間を忘れる旅が楽しめます。

 

【感想】

南城市のNバスを利用して、観光地へアクセスすることや、景色を楽しむのは新鮮でした。このようにバスで南城市を周遊するのは、なかなかない体験でしたので、気持ちも弾み、良い気分転換になりました。Nバスに乗ることで、今まで気づかなかったスポットや、新たな魅力を発見することができました。このような素敵な取組を是非様々な方に知ってもらい、利用してほしいです。もしも、Nバスが希望の時間がない、目的地に近いバス停がないことがあれば、デマンド交通「おでかけなんじぃ」が迎えに来てくれます。「おでかけなんじぃ」は、出発便30分前までに電話をかけ、観光客であることを伝えれば、利用できます。

南城市の元気溢れる自然が皆様を迎え入れてくれます。Nバスを利用した南城市巡りはいかがですか?

 

今回レポート作成に当たり、ご協力いただいた皆様、どうもありがとうございました。

*****************************************************************************************

【南城市Nバス】
運賃
■通常運賃
大人 300円
中高校生 300円
小人 150円
*未就学児 無料

■1日乗車券
大人 700円
中高生 500円
小学生 350円
*未就学児 無料

■回数券※市民対象
大人 1,600円(160円/枚)
中高校生 800円(80円/枚)
小学生 800円(80円/枚)
※10枚つづりでの販売

 

 

・公式HP https://nbus-nanjo.jp/
・Facebookページ https://www.facebook.com/南城市公共交通アテンダント-Nバス娘-112980040257213/

【デマンド交通「おでかけなんじぃ」】
・料金(※未就学児無料)
・観光客 :大人・小人500円
・南城市民:大人・小人500円
75歳以上200円

・出発便:8時便~19時便までの1時間毎に出発。
※8時便の受付は前日の20時まで。当日の最終受付は18時半まで。

ご予約:098-949-1235

公式HP:https://nbus-nanjo.jp/odekakenanji/
公式Twitter:https://twitter.com/odekake_nanji

*****************************************************************************************

レポーター:金谷和希(かなたに かずき)
沖縄県南城市出身
琉球大学 観光産業科学部
観光科学科 観光政策ゼミ

【主な活動歴】
2017年
▷沖縄県コザのPR活動。主にInstagramで「#コザに恋して」コザの魅力を発信

2018年
▷OKINAWA2020プロジェクトに参加

2019年~2020年
▷アメリカハワイ州で留学(11月~3月)