『Beach51』をご紹介

知る人ぞ知る絶景スポット『Beach51』

88+

皆さま、はいた~い!
OKINAWA41大学生レポーターの滝田まなです。

本日は沖縄県北部にある天然ビーチ
『Beach51』をご紹介いたします
(住所:沖縄県国頭郡恩納村真栄田岬7412-2)

ビーチの入り口の写真。つやつやと光り輝く南国の植物の奥に、透き通るコバルトブルーの海が広がっていました!
写真を見返しながら、あの時のワクワクした気持ちを思い出しました。

この日の天気は清々しいほどの快晴!

その透明感はビーチの底まではっきりと見えてしまうほどでした。掲載している写真はiPhoneXでの撮影、全て無加工です!

フクギの奥に広がる壮大な海。沖縄らしいですね!
写真ではおそらくお伝えできませんが…
海平線が丸くなっているのをこの目で見ることができました!

サーフィン、ダイビング、シュノーケリング。訪れていた方は各々マリンアクティビティを満喫されていました。

この崖の淵に立って振り返ると…景色は一変、ジャングルのような緑の世界が広がります!
ビーチを一望できる絶景ポイントに来るまでは、まるで探検隊のように、植物をかき分けて歩いて…やっとの思いでたどり着くことができました。
トゲトゲしたアロエのような植物もあったので、訪れる際にはご注意くださいね。

那覇観光アンバサダーの先輩の、平安山麗那さんとご一緒

この日はとある撮影で、那覇観光アンバサダーの先輩の、平安山麗那さんとご一緒させていただきました!
(撮影についても、後日お伝えいたしますね。)

青い海
崖のギリギリに立って、海を覗き込んでみました。透明感…!!!以外の言葉ではどのように表現したら良いのでしょうか。まるで手入れの行き届いたリゾートホテルのプールのような…天然でこの美しさ、圧巻でした。

珊瑚礁さんご礁

少し黒っぽくみえるのはおそらく珊瑚礁ですね。

しばらく海を眺めていたら、飛行機が…!贅沢なコントラストです。

美しい海と飛行機

結構な低空飛行ですね!あの飛行機から見た景色がとっても気になりました!より間近で見られるので、さらに美しいことに違いありません。

ダイビング部隊の皆さま。
こちらは真栄田岬の近くなので、海中からは青の洞窟へもアクセスできるようですよ。

ダイビング部隊のみんな

崖のギリギリに立って、海をバックに撮影!少しスリリングですが、心地よい風を浴びて、太陽と海のパワーを感じてエナジーチャージされた気分でした。光合成を行う植物の気持ちが少しだけわかった気がします…笑

滝田さんと海

画面に収まる一枚一枚が、まるでポストカードのよう。どの角度を眺めても絵になる景色ばかりでした。

美しいさんご礁

ジャックと豆の木のような植物!
太陽に向かって伸びているようにも見えます。おそらく全長は5メートルほどありました。

トゲトゲの植物をかき分けて

帰り道も、トゲトゲの植物をかき分けて元の道へと戻りました。Beach51には、せっかくですので快晴の日にお越しくださいね!近いうちにまた、光合成をしにきたいと思います 笑。

最後までご覧いただきありがとうございました 🙂

トゲトゲの植物をかき分けて

レポーター:滝田 まな(たきた まな)
青森県八戸市出身 1998年生まれ
幼少期を過ごした沖縄県に移住を決め、琉球大学観光科学科に在学中。
【主な活動歴】
▷2018年 那覇市の観光親善大使「2018年那覇観光キャンペーンレディ」として活動。
▷2019年 ミス那覇OG団体「那覇観光アンバサダー」として活動中。
那覇市観光審議会委員を務める。
内閣府国土交通省 C to Sea アンバサダー就任。
ツーリズムEXPOジャパン2019「学生が選ぶジャパン・ツーリズム・アワード」学生審査員を務める。

-