58+

皆さま、はいた〜い!
OKINAWA41大学生レポーターの滝田まなです!

島あっちぃ久高島観光「島ま〜い」編
(【現役観光学科ゼミ生 「神の島」へ観光レポ⑤】久高愛が深まる島歩きガイドツアー 清さや豊かさを体感)
に引き続き、今回は実際にいただいた絶品島スイーツについてご紹介いたします。

一泊二日の間、残念ながら天候は不安定でした…
冷え込む時もあったので 久高島フェリー待合所 にてゆったり休憩することにしました。

久高島フェリー待合所の「島豆のホットぜんざい」を注文

おばあが作った島豆のホットぜんざいを注文。
豆がゴロゴロ入っていて、三温糖と黒糖で味付けされたとっても優しい味わいでした。
心も体も温まり、なんとも言えない懐かしい気分で胸がいっぱいになります。
温かいお茶と共に、全神経を統一させて召し上がってみてくださいね♪笑
手作りのきめ細やかさに感銘を受けました!
温もりを感じられる気のプレート、スプーン、やちむんにもこだわりがあります。

久高島フェリー待合所の「島豆のホットぜんざい」モッチモチのお餅

中には島豆だけでなくモッチモチのお餅も入っていてなべっこ団子のような形をしていました。

舞杏に「なべっこだんごみたいだね!」とテンション高めに尋ねてみたところ
「なべっこだんごって何!?」との返答が…。
なんと、なべっこ団子は青森の郷土料理だったようです。。。笑
これまでの21年間全国共通のものだと思っていました。
気になる方は、「なべっこだんご」で検索してみてくださいね♪

久高島フェリー案内所には、軽食をいただけるイートインスペースに加えて
お土産等の販売もされていました。
フェリーまでの時間があるとき、とにかくゆっくりしたい時…
ぜひ足をお運びください。

久高島フェリー待合所の「島豆のホットぜんざい」

■久高のシマ時間 -久高島観光交流サイト
https://kudaka-island.com

最後までご覧いただきありがとうございました!

レポーター:滝田 まな(たきた まな)
青森県八戸市出身 1998年生まれ
幼少期を過ごした沖縄県に移住を決め、琉球大学観光科学科に在学中。
【主な活動歴】
▷2018年 那覇市の観光親善大使「2018年那覇観光キャンペーンレディ」として活動。
▷2019年 ミス那覇OG団体「那覇観光アンバサダー」として活動中。
那覇市観光審議会委員を務める。内閣府国土交通省 C to Sea アンバサダー就任。
ツーリズムEXPOジャパン2019「学生が選ぶジャパン・ツーリズム・アワード」学生審査員を務める。
「琉球料理」および黒麹菌による「琉球泡盛」文化圏のユネスコ世界遺産登録推進大使 就任。