(その1)渡嘉敷島はコスパ抜群のデスティネーションだった【沖縄のはじっこを見に行く】

88+

 
那覇単身赴任5か月。

好奇心有り余る大阪のおっちゃんが、

週末を使って

この県のはじっこをちょこちょこ見に行くことに決めた。

まずは、肩慣らし。

9月2日(日) 泊港からフェリーで「一番安く」行ける渡嘉敷島へ。

(往復3160円+環境協力税100円)

朝10時発、約70分のちょうどいいクルーズ。

夏休みを外したつもりが、チケットに長蛇の列。

でも、乗れます。予約なしでオッケー。

欧米系外国人多し。

フェリーとかしき の はじっこ

二階デッキ船尾に穴場エリアあり。

ベンチが数台、人気が少なく ゆっくり横になれる。

この日ほぼ満席だったのだが。

到着後のバスは焦らなくていい。

かなりの台数配車されるので。

渡嘉敷島は山である。

勾配登攀ハンパない。

で、尾根道から見たビーチが絶景すぎる。

目的地の阿波連ビーチに行く途中、

右手にとかしくビーチがエメラルド色に見える。

できればバス右サイド窓側に座ろう

こんな写真が撮れるポイントが数カ所ある

(その1終わり)

≫その2はこちら

執筆者:長谷川和夫
プロフィールはこちら

-

OKINAWA41 あり?なし?
あなたの「あり・なし」を投票