106+

皆さま、はいたーい OKINAWA41大学生レポーターの滝田まなです。

沖縄県立博物館・美術館(おきみゅー)で9月8日(日)まで開催されていた
『ジブリの大博覧会 〜全ては、この1枚から始まった〜』に行ってまいりました!
(住所:沖縄県那覇市おもろまち3−1−1)

スタジオジブリの設立から約30年間の歩みが表現された特別企画で
多くの人々で賑わいを見せていました。
作品のポスターやチラシ、その他未公開資料や記念写真等
ジブリ好きにはたまらない展示内容でしたよー

壺屋焼と琉球ガラスで制作されたトトロ

展示ブースの入り口には、壺屋焼と琉球ガラスで制作されたトトロ
沖縄の伝統工芸とジブリとのコラボレーションに感動しました。

展示場内は原則撮影禁止でしたが…

ネコバス内

唯一、ネコバスは撮影可能でした。
本当はバスの外から、全体像を撮りたかったのですが…
行列ができるほどの人気で、やっとの思いで乗車することができました。
ネコバスのフワフワ感、お分り頂けますでしょうか?

印象的だったのは、福岡会場より新しく加わった
「風の谷のナウシカ」王蟲の世界でした。
幻想的な、まさにあの世界観が再現されていて
王蟲の目が赤くなったり、青くなったり…時折鳴き声も聞こえるほどで、
臨場感を味わうことができました。

展示会のショップ

展示ブースを満喫した後は、ショップでお買い物を楽しみました。

紺のワンピースと滝田さん

この日私は、紺のワンピースを身につけていったので
魔女の宅急便グッズが特に気になりました。どれも可愛らしくて、目移りしてしまいます。

「千と千尋の神隠し」カオナシの靴下

こちらは「千と千尋の神隠し」カオナシの靴下。発想が斬新ですね!笑

「となりのトトロ」まっくろくろすけのブローチも発見しました。
おそらく頭につけるものではありませんが、記念に一枚撮影しました。

まっくろくろすけのブローチ

沖縄県立博物館・美術館(おきみゅー)では
企画展に加え、常設展も行われております。
さらに、施設内にはカフェもあるので、
たとえ雨の日でもゆったりとした1日を満喫することができますよ。

沖縄を訪れた際には、ぜひ、足をお運びください~。

最後までご覧いただきありがとうございました!

■沖縄県立博物館・美術館(おきみゅー)
https://okimu.jp/sp/exhibition/1552803746/

レポーター:滝田 まな(たきた まな)
青森県八戸市出身 1998年生まれ
幼少期を過ごした沖縄県に移住を決め、琉球大学観光科学科に在学中。

【主な活動歴】
▷2018年 那覇市の観光親善大使「2018年那覇観光キャンペーンレディ」として活動。
▷2019年 ミス那覇OG団体「那覇観光アンバサダー」として活動中。
那覇市観光審議会委員を務める。
内閣府国土交通省 C to Sea アンバサダー就任。