43+

1月5日、この日は、名護市羽地支所から多野岳往復のサイクリングに挑戦。
山頂までは、湧き水の流れる音、鳥のさえずりなどに感動しながらも、立ち止まらず
立ち止まると、また漕ぎ出すのが大変なので、、
たんたんと登っていきました。

そして、山頂では、絶景が待っていました。

多野岳山頂

左手には、古宇利島・屋我地島・羽地内海が!綺麗だぁ。

多野岳山頂と筆者

山頂まで自転車で登ってきた達成感と心地良い風に吹かれ、最高の気分でしばし景色を楽しむ。

帰りはゆっくり写真を撮りながら下っていきました。ず~っとくだりなので、ブレーキをかける手が疲れてきますが、ゆっくりゆっくり立ち止まりながら。 正直言うと、下りはあっという間過ぎて、走り終わってしまう~と名残惜しい気分になる。。(笑)

発見したのは、でかいイモリ!

でかいイモリ

そして、桜がちらほら咲いていました。

多野岳の桜がちらほら

シダ植物も良い感じです。ヒカゲヘゴというのですね。桜とヒカゲヘゴが一緒に見られるのは、沖縄・やんばるならではかも?

多野岳の桜がちらほら

ヒカゲヘゴ

そして、もう一つ感動の発見は、多野岳から羽地ダムが見下ろせるポイント!
草が刈られて開けたところから羽地ダムを見下ろせました。感動です。

多野岳から見下ろす羽地ダム

拡大写真。左手に橋が見えると思います。エクストラドーズド橋(なんか凄い名前)を採用した「またきな大橋」。自転車レースで有名な「ツール・ド・おきなわ」大会のコースで最後の山場を走ってきた選手がここを通過する際、絵になるポイントです。

多野岳から見下ろす羽地ダム

山頂まで約6キロで獲得高度は390メートル。往復12キロ。約1時間半のライドでした。
普通の自転車だと、ロードバイクでもそれなりにきついですが、電動アシスト付き自転車(E-Bike)だと、らくらくスイスイ!

初心者も楽しめると思います!E-Bikeでも自動で走るわけではなく、適度に足は使うのでいい運動にもなります。でも余裕を持って走ることができるので、おしゃべりも楽しみながらE-Bikeで多野岳ライド、おすすめです!

筆者:謝花 さゆり
1983. 7.2. 沖縄県名護市生まれ
留学後、英語を生かした仕事を転々とする。
2018.10 沖縄県サイクルツーリズム推進協会設立。たくさんの人に沖縄で自転車に乗って幸せを感じて欲しいと活動中。
好きな事:旅、サイクリング、読書、ダンス、映画
好きな言葉:Easy going