「新・沖縄メシ」企画【チョコ・タンナファクルー】presented by 沖縄調理師専門学校Vol.2

次代を担う料理人たちに、「新・沖縄メシ」を開発してもらおう!というこの連載企画。

料理人を目指す沖縄調理師専門学校の皆さんに、沖縄の季節の食材や調味料をふんだんに使い、発想無限の「新・沖縄メシ」を提案していただきます!

第2弾は、「チョコ・タンナファクルー」

沖縄の伝統菓子で明治時代頃から親しまれている「タンナファクルー」。

【タンナファクルー】というこの変わった名前は、実は考案者のあだ名に由来しているそうです。
家の名である「玉那覇」(沖縄の方言でタンナファ)と色黒だった曽祖父のあだ名「色黒」(クルー)を合わせて「タンナファクルー」と呼ばれるようになったそう。今回はそのタンナファクルーにチョコレートをまぶしたアレンジレシピをご紹介いただきました!

作ってくれた未来の料理人

左・大城星剛さn 右・中上小澄さん

琉球料理を習っていて、何かお菓子で目新しい物ができないかと考え応用してみました。昔から親しまているタンナファクルーを使ってチョコでコーティングしてみました。黒糖の風味 味、チョコレートとの愛称ばっちりです。試してみてください。

 

チョコ・タンナファクルー

Cuisine Japanese
Servings 10

Ingredients
  

  • 小麦粉 150g
  • 黒砂糖 100g
  • 大さじ3
  • 1/2個
  • 重曹 小さじ1/2
  • 小さじ1
  • 手粉(薄力粉) 分量外
  • 板チョコ 1枚
  • 生クリーム 大さじ2

Instructions
 

  • 1.小鍋にふるった黒砂糖、水を入れて火にかけ溶かし、漉し冷ましておく。
  • 2.①に水溶きの重曹を入れて混ぜ、振るった小麦粉を加えて混ぜる。
  • 3.②を手粉をつけながら丸めて扁平に、190度のオーブンで約8分焼く。
  • 4.ボウルに板チョコを割り入れ、生クリームを加え、湯煎にかけ溶かす。
  • 5.③が焼き上がったら、冷まし、④をつけ冷ませば、出来上がり
Keyword チョコ・タンナファクルー