沖縄41
おきなわ よんじゅういち

沖縄の知られざる魅力を発掘・発信する総合サイト

沖縄お盆の流れを紹介します(浦添市)

10+

沖縄浦添の簡単なお盆の流れを紹介します

沖縄のお盆は3日間盛大に行われます。
1日ウンケー ご先祖様をお迎えします
2日ナカビ  親戚周りをして旧正月の挨拶をします
3日ウークイ ご先祖様をあの世へお送りします。

この3日間で一番盛り上がるのは最終日のウークイです。
ミチジュネーも深夜1時まで爆竹を鳴らしながらご先祖様をあの世へお送りするところもあります。
最終日は12時前後まで賑わっています。

写真は浦添の仲間区青年会です。

家で行うお盆最終日の流れを紹介します。
最終日には仏壇がある家へ親戚一同集まります。

仏壇前はこんな感じで豪華にフルーツで盛り合わせをします。

写真には写っていませんが横にサトウキビもあります。
サトウキビはとても重要な役割を持っていて、ご先祖様が杖として使っていただくためにお供えをしています。
お盆最終日の流れは
まずは1人ずつ線香を立てて行きます。

次にウチカビを燃やします。
ウチカビはあの世で一枚1億円の価値があるそうです。

燃やしたらお供えしたお茶とお酒で火を消します。

この一通りの流れをオジーがして、皆で手を合わせます。

最後にはみんなでテーブルを囲んでご先祖さまの前でご飯を食べます。
ご先祖様へお供えしたものはこの家系を引き継ぐ長男が食べるというしきたりもあるそうです。
沖縄のお盆は昔ながらのしきたりが今でも引き継がれています。
このような文化をこれからも続けて行きながらお盆を楽しんでい来ましょう!

-

OKINAWA41 あり?なし?
あなたの「あり・なし」を投票